お問い合わせありがとうございました。

健康相談          血液検査・栄養解析レポート

身体やお口のことがきになる、心配。どんなことに気をつければいいの?治療法は?他のお医者さんにはこう言われたけど・・・など、お気軽にご相談ください。また、67項目の血液検査により、分子整合栄養療医学に沿った観点から現状を把握し根本原因を見つけていきます。

お問い合わせありがとうございました。

高濃度ビタミンC点滴

ビタミンCは身体の機能を向上させる上で必要不可欠なビタミンですが、口からの摂取だけではその吸収に限界があります。そこで、点滴で高濃度のビタミンCを投与することにより細胞の機能を活性化させます。慢性疲労やがん治療でも注目を浴びていますが、身体だけではなく歯周病など歯茎の健康にも効果的を発揮します。

お問い合わせありがとうございました。

              有害重金属検査・デトックス

有害重金属は身体に様々な悪影響を及ぼします。疲れやすい、頭痛、集中力が続かない、貧血、アレルギー、便秘、イライラ、抜け毛、歯周病etc.などの症状は重金属が原因かもしれません。また、お口にアマルガムという銀歯などがあると水銀の影響を受けている可能性があります。

お問い合わせありがとうございました。

内科的歯周病治療

歯周病は全身の状態と大きくかかわっています。歯周病を治すことで、身体の不調も改善されます。これまでの歯周病治療はスケーリングや歯周ポケット掻爬、外科的手術が一般的でしたが、最新の歯周病治療は、歯周病菌の種類を見極め内科的に投薬で歯周病を治すことが可能となりました。

お問い合わせありがとうございました。

遅延型アレルギー

食べ物で病気になっていませんか? 食べ物によっては免疫システムが反応を起こす誘因となり身体に負担をかけていることがあります。これが、アトピーやじんましん、便秘・下痢、鼻炎、ぜんそく、頭痛など多くの症状の原因となっています。

お問い合わせありがとうございました。

              腸内環境改善・腸内環境検査

腸は第2の脳とも言われ、私たちの健康を司るバロメーターでもあります。腸が不健康だと、身体だけではなく心やメンタルにまで悪影響を及ぼします。お口の状態や重金属とも大きなかかわりがあります。

ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます。
身体の健康は食はもちろんのこと、心や精神、そして環境などの外的要因とも密接に関わっています。
私たちは一人で生きていけないように、身体の細胞もそれ単独では機能しません。なぜなら、細胞は全身と、人間は環境と、地球上において全て繋がっているからです。
身体をトータル的に俯瞰(ふかん)することにより、より健康に、幸せに生きるためのお手伝いをさせて頂いております。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

栄養療法はもちろん、身体、口、心、精神、についての情報を発信しています。
コラムも合わせてご覧になってください。
記事が皆さまのお役に立てば幸いです。

➡️コラムはこちらから

その他の検査

ストレスホルモン検査

ストレスに対抗するホルモンが、副腎からどのくらい出ているかわかる検査です。
抗ストレスホルモンは日内変動があり、時間帯により分泌量が異なるため、
正しいいサイクルにのっとった変動をしているか見ることが重要になります。

現代人の多くが抱えているストレスですが、ストレスに対抗するために「副腎」と呼ばれる臓器から「抗ストレスホルモン」が分泌されています。
しかし、ストレスが続き、それに不規則な食生活や栄養障害が加わると、
副腎は簡単に疲れてしまい、十分な抗ストレスホルモンを作れなくなります。

抗ストレスホルモンが分泌されなくなると、ストレスに対抗できなくなり、
様々な症状が出てきます。これを副腎疲労症候群と言います。

 

<副腎疲労症候群>

111  

①ストレスを脳で感じると
②脳から副腎刺激ホルモンが出ます
③副腎は刺激を受けて抗ストレスホルモンを出します
   ↓
これによりストレスが緩和されます。

しかし、ストレスが続き、それに不規則な食生活や栄養障害が加わると、
副腎が疲弊し、ストレスに抵抗できなくなります。

    • 下記のような症状がある方には有用な検査です!
       (唾液を1日に4回とるだけの簡単な検査です)

      • 朝起きるのがつらい、午前中は調子がでない
      • 疲れる、疲れがとれない
      • 甘いもの、しょっぱいものが食べたい
      • コーヒーなどのカフェインをとらずにはいられない
      • アレルギー、蕁麻疹がでる
      • 風邪の治りが悪い
      • 気力がわかない、うつ症状がある
      • 記憶力が低下した
      • 低血圧、立ちくらみ
        • 集中力がない、イライラする

          など。

      抗ストレスホルモン検査の料金のご案内はこちらをクリック ➡

有機酸検査(代謝検査)

有機酸検査は、尿中の有機酸及び他の代謝福産物を調べることで、私たちの体内で起こっている細胞レベルでの異変や、代謝機能など様々な情報を知ることができます。

有機酸は、代謝の中間体であり最終産物でもあります。
代謝には、感染からの防衛、ストレスへの適応、老廃物の排泄、エネルギー産生、腸内環境の改善、細胞の維持・修復など、健康な身体を維持するために必要な多くのプロセスが含まれています。
これら全てのプロセスが最適に昨日するためにはビタミン、ミネラル、その他の栄養素が不可欠です。しかし、栄養が不足したり、バランスが崩れたり、輸送経路に問題が発生したりすることがあります。
尿中に現れる有機酸のパターンにより、問題点を見つけることが可能となります。

有機酸検査の評価内容

代謝機能
 エネルギー産生(ミトコンドリア機能)
 アミノ酸代謝
 脂肪酸代謝
 神経伝達物質代謝
腸の健康
解毒機能
炎症
各栄養素の過不足
抗酸化物質の過不足
など。

有機酸検査の料金のご案内はこちらをクリック ➡ 

 

環境汚染物質検査

現代、私たちを取り巻く環境は決して良いとは言えません。
呼吸で吸い込む空気・口から入る食べ物・皮膚に接する衣類やシャンプー類、
ありとあらゆる所に有害物質が存在しています。

シックハウス症候群シックカー症候群という言葉は聞いたことがありますか?
建材や家具、それらに使われるペンキやワックス、ラッカー、車の内装材など、暴露は溶剤を含む製品から発生するガスの吸入を通して起こります。

その他、プラスチック、ラップ、ゴム、切手、殺虫剤、マニキュア、シャンプー、日焼け止め、制汗剤、シェービングジェルなどの日用品や、
タバコの煙、自動車の排ガス、コピー機からの蒸気など日常生活の数多くの場面で溶剤に暴露する可能性があるのです。

 

sickhouse

 

 

暴露の結果、目、鼻、喉のかゆみ、アレルギー、喘息症状、など
そして貧血や不妊症、生殖器官や出生の以上、ホルモン変化、甲状腺の異常、
肝障害、腎障害まで広域に及びます。
また、食品添加物として使用されている保存料なども例外ではありません。

これらは内分泌やホルモンかく乱作用を持つ可能性があることが研究によって示唆されています。

環境汚染物質検査は簡単な尿検査により、環境化学物質から生成される代謝産物の値を測定し暴露を評価することができます。

環境汚染物質の検査の料金のご案内はこちらをクリック ➡

 

ページトップへ