皆さまの声

●去年は本当に体調の優れない1年で、大病ではないのですが次から次へと疾患が出てくる出てくる…
元々持っているアレルギーや便秘も悪化。
まるで体が今まで溜めてきた膿を次から次へと排出しているような1年でした。
果たしていつまで続くのか?

体がそんなだと、気持ちも晴れないし、気持ちが晴れないから体もそんなで、
正にちょっとした負のスパイラル。
そんな中でも大病にかからないのはありがたいし、この数々の疾患を体からのサインとして受け止め、今なんとかすれば将来的にも予防できるのでは?
この負のスパイラルからも抜け出せるのでは? と考えていました。

今こそ自分の体質をよく知って根本をどうにかしなきゃ!!
でも何をどうすれば?
けれど病院嫌いでものぐさな私にとって人間ドックは絶対イヤ!!
時間ももったいない!

そんな時に知ったのが、こちらの有機酸検査
尿を取って送るだけなのに、人間ドックではわからないことまで全75項目ものことがわかります。
たった一杯の尿から便秘を含め腸の状況やアレルギー、すぐイライラしたり疲れを感じやすかったりする精神的なことの原因までわかるって凄くないですか?

痛くもないし辛くもないし時間もかからない!
そしてプラジュナでは優しく楽しい滋子先生がわかりやすく検査結果を解析し、
悪い数値があれば何故そうなって今どういう状況にあって今後どうすればいいか、
という予防医学的「現在過去未来」を説明してくれます。
そして今の状況を良くするための適切な栄養補助サプリメントを私の予算にあわせ選んでくれます。

検査から半年、去年1年の心身の負のスパイラルからは完全に脱し、
今すっごく調子がいいです!!

人生が楽しい!!!

それは検査やサプリメントで自分の体を正しい方向に導けたことと、
何より自分の体内で何が起きてるかを今までとは全く違う視点から観て把握できたお陰だと思っています。

私は両親を憎き癌で亡くしています。
2人の闘病生活を見てつくづく感じたことは、病気はなってからではとても大変だし、お金もかかるし、そしてまた間に合わない場合も多々あるということです。

同じ時間と力とお金を掛けるなら、絶対に予防に注ぐ方が自分にも家族にも優しいと思います。
これからは予防医療の時代です!!

滋子先生、ありがとうごさいました。
これからも日本での予防医療の普及、頑張ってください。

S.Y様(女性・43歳)

 

●先日はご丁寧なカウンセリングをありがとうございました。
穏やかな笑顔でしかっりと話を聞いてくださり、
こちらも安心して話すことができました。
 
滋子先生にカウンセリングをしていただてから約2か月ですが、
おかげさまでメキメキと元気になってきました!
 
過去の一般的な血液検査をいくつか見ただけで、
ズバリとご指摘いただいて驚きました。
不調の原因がまさか特定の栄養素の不足だとは….今まで思いもしませんでした。
 
アドバイスをしていただいたとおり、プロバイオティクスと亜鉛とビタミンB群、それからタンパク質を積極的にとるようにしました。
 
するとエネルギーがちゃんと循環している感覚があり
新しいことをやろう、人に会いに行こうとする気持ち・気力も生まれています。
 
もしカウンセリングを受けなかったら、不調のまま日々を過ごし、
体調への不安を理由にしてやりたいことも制限していたと思います。
 
そしてなにより、今までなぜ体調がくずれやすかったのか、
なぜすぐ疲れてしまうのかがハッキリわかったことが嬉しいです。
 
ちゃんと血液にあらわれていたんですよね
亜鉛やタンパク質が足りてないって。。。
それなのに、一般的な基準の範囲だから大丈夫だってずっと見逃していたんですね。。
 
分子栄養学について自分でもそれなりに調べましたが、
奥が深くてたいへん面白く、ぜひ家族や周りの人にも知ってほしいと思いました。
 
分子栄養学という今まで自分の中ではなかった視点から健康を考えるきっかけを与えてくださって、本当にありがとうございます。
 
私自身、結婚や出産もこれからなので、栄養分子学のことをベースに健康管理していきたいと思っています。
 
次回、有機酸検査などプラジュナーさまでさせていただきたく考えています。
 
今後とも宜しくお願いいたします。
 
H.R様(女性・26歳)
 
 
 

●産まれた時からと言ってもいいぐらい、ずっと便秘がちな私でした。
薬やお茶で出してはいたのですが、
頼りたくないし腸自体をなんとかしたいと思っていました。
そんな時、滋子先生に出会い話を聞いていただくことになりました。

尿検査でたくさんのことがわかると知り早速実行。
検査結果が出て診断していただきました。
細かいデータを紐解くようにわかりやすく説明してくださり、
私がこれから取った方がいいサプリメントを教えていただき、
それを取ることでどんな効果が期待できるか、
最終目標に行くための過程など詳しく教えていただきました。

まだ1ヶ月ぐらいしか経っていないのに、
既に便秘薬を飲まなくても出るようになり本当にびっくり!
今度は腸のカビ退治に本格的に取り組むつもりです。
滋子先生本当にありがとうございます!
そしてこれからもよろしくお願いします!

K.S様(女性・51歳)

 

分子栄養学の的な視点で健康診断をやるとどうなるかという部分に

大変興味があったので、血液検査を実施して頂きました。

血液検査自体は、他の施設でも以前もやったことがあったのですが、
なんと言っても項目の多さと、分子栄養学的な視点からの
1つ1つの検査項目の説明が非常にためになりました。

マンツーマンでもあったので、分からない所はその場ですぐに聞けて、
血液検査の各項目の理解も深めることが出来ました。
個人的には、録音しておけばよかったと思うほど、
非常に為になる内容でした。

また、血液検査を始め毛髪検査など種々の検査の特徴や
様々な検査の出来ること出来ないこともおしえて頂き、
何をやれば良いのかなどが具体的によく分かりました。

時折勉強会も開催されていて、今も時折参加させてもらっています。
多くの方にファストロ先生の活動を知って頂きたいと思います。

中西洋様(男性・36歳)

 

●2年前に右肘を粉砕骨折してしまい
今年は後遺症で肩が痺れて辛い思いをしていました。

滋子先生に相談してサプリメントを処方してもらいました。
一週間した頃から、なんと肩のしびれが四六時中だったのが
痛くない時間が出来ました!

続けて摂取するうちにほとんど気にならなくなり今はほんとに楽になりました。
保育士なので肩や腰は慢性的に痛いのですが、
続けてみて改善されたらいいなと思っています。
滋子先生ありがとうございます!

保育士(女性)

 

●昨日は有難うございました。
病気で苦しんでおられる方には必ず精神的バックアップが必要です。
しかし現状の医学部歯学部では病気の知識を詰め込む病気学が主体で、
予防医学、栄養学、運動学、生命倫理学、仏教などの哲学や宗教学を全く教えられていません。
病気の知識や治療法などの技術的なことはおそらくいずれAIにとってかわられるでしょう。
その段階で医療者が必要なことは、病気の知識の詰め込みではありません。
人間としての医療者と人間としての患者さんとの和です。
とくにがん治療の現場で感じていることはまさにその点であることです。
私たち医療者は医療の知識も必要ですが、さらに人間としての智慧が必要です。
滋子先生もこれからもその伝道者としてよろしくね。

医師 T.Y様

ページトップへ