腸カビドック

歯間ブラシが臭い!その原因と取り方について現役の歯科医が教えます。

口臭

投稿日:2018年8月31日  更新日:

歯間ブラシによる出血と臭いを解決する方法
歯間ブラシを数回歯の間に入れて磨いたあと嗅ぐと、血生臭い膿の臭いがする!明らかに食べかすの臭いとは違う。こんな経験をしたことはありませんか?

あまりにも臭いので、「もしかしたらこの臭いが周囲に迷惑をかけていないだろうか?」とか、「歯槽膿漏になっているのでは?」と歯医者に行くのは嫌な人にとっては不安になるかもしれません。

もし、このように歯間ブラシの臭いが心配でしたら、この記事がお役に立つかもしれません。
この記事では、歯間ブラシを使うと、「どうして血生臭い膿の臭いをしているのか?」とその対策についてお答えします。

歯間ブラシを使たった時、血が出る、歯茎が痛い原因

歯間ブラシを使って出血したことはありませんか?または、歯間ブラシを使うと、歯茎が痛くなりませんか?その他にも、使ったあとの歯間ブラシを嗅ぐと、「臭い」と感じていませんか。

このように、歯間ブラシを使った時に、いろんな悪い症状が起きることがあります。それでも、歯間ブラシを使う必要があるのでしょうか?

実は、歯間ブラシで血が出るとか歯茎が痛い場合には、歯槽膿漏(しそうのうろう)が考えられます。

健康な歯茎なら、歯間ブラシで歯茎をこすったぐらいでは出血することはありません。それに、歯茎が痛くなるどころか、歯間の汚れが取れることで気持ちよくなるのが普通です。

ですが、歯槽膿漏で歯茎が腫れている場合には、歯茎に優しいゴムで出来ている歯間ブラシが良いかもしれません。反対に金属性のワイヤーが使われている歯間ブラシは歯茎を傷めやすいです。(歯茎が健康な場合は、ワイヤーが入っていても問題ありません。)

歯間ブラシを使うと臭いのは(原因)

歯間ブラシ

歯間ブラシで歯の間をこすり、嗅いでみるとすごい悪臭がすることがあります。そんな時、多くの人が、「どうして、膿の臭いがするのだろうか?」と不安になります

歯間ブラシを使うと、普通の歯ブラシでは磨けない狭い歯間や、ブリッジの底部分などにもブラシが入っていきます。

歯間ブラシを使うと、ブラッシング時に残ってしまう食べかすを取り除くことができるので、しっかりと口腔ケアを行うにはとても重要なことです。

ですから、歯医者さんは、歯ブラシだけではなく歯間ブラシも使うように指導します。ところが、歯間ブラシを使うと、次のようなことが起きるかもしれません。

歯みがきで出血

・臭いにおいがする。
・出血がする。
・血生臭い膿のにおいがする。

今まで普通に歯ブラシでブラッシングをしていたときには、そのようなことがなかったのに、歯間ブラシを使うとそれまでなかったことが起きるかもしれません。

膿臭いにおいに不安をおぼえ、「変な病気ではないだろうか?」とか、「歯槽膿漏になったのだろうか?」と心配する人が多いのですが、今までなかった出血があったり膿の臭いがするのですから、仕方ないことかもしれませんね。

【歯間ブラシが臭くなる原因】

  1. 歯周病による膿、出血
  2. プラーク(歯垢)
  3. 歯磨き不足
  4. 虫歯

歯間ブラシが臭く感じると、一般的には食べかすが残っていたからだと想像するのではないでしょうか。たしかに食べかすが残ると腐敗して臭くなります。しかし、この食べかすが残るのは歯磨き不足があったからです。

歯の並びは複雑で、特に歯間は凹みがありていねいに歯磨きをしたつもりでも磨き残しができやすいです。この磨き残しが時間がたつとプラークになり虫歯や歯周病を引き起こす原因になります。

プラークは放置すると固い歯石になり、歯石は細菌のかたまりであるプラークの温床となり虫歯や歯周病が悪化する原因です。このようにして、歯間の汚れは虫歯や歯周病をつくり口臭をひどくしていくので、歯間ブラシを使い歯間をキレイにすることは大事です。

歯間ブラシとデンタルフロスの違い

歯間ブラシとデンタルフロスの違いをご存知でしょうか?歯間ブラシとデンタルフロスでは形状が大きく異なるので、「どちらが歯間ブラシかどうか」は判断できると思います。

ちなみに、歯間ブラシは始めの写真のように細いブラシが付いています。そして、デンタルフロスは「糸」で磨くようになっています。だから、一目で違いが分かります。

しかし、歯間ブラシとデンタルフロスは、どのようにして使い分けるか分かりますか?

歯間ブラシは、名前のとおり歯間部分を磨くための歯ブラシです。細い束の歯ブラシなので、歯周ポケットが深い場合には、クルクルと回すことでポケットにたまる汚れを清掃することができます。

今でも、食後に爪楊枝を使われる人がいますが、使用方法は同じでも、歯間ブラシを使う方がはるかに食べかすを取ることができるので、口臭と歯周病の予防にもなります。

デンタルフロスは、歯周ポケットよりもどちらかというと、歯と歯の隣接部の歯垢を落とすのに適しています。この部分は、通常の歯磨きでは歯ブラシの毛先が入らないために、歯垢が残り歯石が付きます。このことが、虫歯になる原因で多いのです。

歯が隣接する部分に歯石が出来ると、歯肉炎の原因にもなるので、デンタルフロスを使うことで予防効果を高めるでしょう。

歯間ブラシの種類

歯間ブラシは、大きく分けると、ゴム系の歯間ブラシとワイヤー系の歯間ブラシがあります。

ゴム系の歯間ブラシは、歯間ブラシを使うのが初めてな方でも、歯肉を傷つける心配がないので安心して使えるでしょう。しかし、ブラシがゴムで出来ているため、歯垢除去力が弱いかもしれません。

歯間ブラシに慣れたら、ワイヤー系の歯間ブラシを使用されることをおすすめします。ワイヤー系の歯間ブラシは、ワイヤーの周りに歯ブラシのようにブラシが付いているので、歯垢が良く取れます。

しかし、使い続けるとワイヤーが痛み折れることもあるのでご注意ください。歯間ブラシが使える状態でもワイヤーが痛んでいるかもしれないので、早目に新しい歯間ブラシに交換されることをおすすめします。

デンタルフロスの種類

デンタルフロスは、大きく分けると、「巻きタイプ」のデンタルフロスと、「ホルダータイプ」のデンタルフロスがあります。

先ほどご説明したように、デンタルフロスは、歯と歯が隣接している部分の汚れをフロス(糸)で除去するものです。

口で言うと簡単ですが、実際、「巻きタイプ」のデンタルフロスを使って見ると分かりますが、使用にはかなり技術を要します。それでも、毎日使っていると慣れ、上手になるかもしれません。

そうなる前に、デンタルフロスをやめてしまう人も多いので、初めてデンタルフロスを使用される時におすすめなのが、「ホルダータイプ」のデンタルフロスです。

歯間が膿臭くなる本当の理由

膿臭いにおいがすることに関して、「歯医者さんからは、食べかすが原因となってそこに着いた菌がガスを出しているのだから丁寧にブラッシングをするように言われました。でも、歯間ブラシをていねいにして食べかすがなくなっているはずなのに、すぐに、膿臭くなります。それは、どうしてなのでしょうか?」と疑問に思われている人がおられます。

歯間ブラシで膿臭くなるのは、食べかす汚れのニオイとは全く異なります。歯周病独特の血生臭いような膿のニオイ。歯ぐきからの出血や膿のニオイがする場合は、歯肉炎(歯周病)である可能性が高いです。

歯周病かもしれないと不安でしたら、歯間ブラシを嗅いで臭いチェックをしてはいかがでしょう。詳しくは、『歯周病のチェックは歯間ブラシを使えばわかる!歯間ブラシ歯周病チェック法』をご参考にしてください。

歯槽膿漏(しそうのうろう)による膿(うみ)

歯周病は、軽度の歯肉炎から中程度、重度と進行します。一般にいわれる歯槽膿漏(しそうのうろう)というのは、歯がぐらぐらと動揺している重度の歯周病のことです。歯槽膿漏になると、歯周ポケットに膿がたまるので歯間ブラシでこすらなくても臭いです。

umi

出血や膿臭いとすぐに歯槽膿漏(重度歯周病)を疑いがちですが、そんなことはありません。軽度の歯肉炎でも出血したり膿臭くなります。図のように歯周ポケットの中には歯肉からしみでた液と歯周病菌がたまります。そのため、口臭を発生することになっているのです。

口臭を感じたら、歯周病が進行しないよう早期に歯科治療をすることが大切です。

歯茎からの血を出なくするには

歯間ブラシを使ったときに歯茎から出血する場合には、歯科で診てもらうことが大切です。その理由は、先ほどもお伝えしたように、歯槽膿漏(しそうのうろう)かもしれませんが、他に出血の原因があるかもしれないからです。自分勝手に判断すると、判断を誤ることがあるのでご注意ください。

歯科で診てもらったときに、歯医者さんから「軽い歯肉炎ですから、出血するほうが良いです。」といわれることがあります。

その理由は、血の中に膿が混じっているからです。膿は腐敗物だけでなく歯周病菌などのばい菌が多く含まれているので、膿を出す方が炎症が治りやすいのです。

いいえ、歯磨きを控えるのは逆効果です。歯茎から血が出ているときは、「歯磨きをしたらもっと血が出そう」「刺激を与えると治りが悪くなりそう」という気持ちから、多くの方はブラッシングを控えがちになります。しかし、この判断は正しくありません。歯茎から血が出ているので、歯周病に罹患している可能性があります。歯周病にかかっているとしたら、ブラッシングを控えると逆に進行してしまいます。

引用:東京国際クリニック/歯科 歯茎の出血・膿に関するQ&A

歯茎からの膿を出なくするには

研磨剤入り歯磨き粉

歯周病が気になると、市販の薬効のある歯磨き粉を使用される方がいます。医薬品ですから歯肉の炎症を抑えることができます。でも、歯周病を治すにはもっと大事なことがあります。

それは、歯周病について理解していただければ簡単なことです。歯肉炎(歯周病)になる原因は、歯周病菌です。その歯周病菌の巣が歯石。そして、歯周病菌のエサとなっているのが食べかすや膿・血に含まれるタンパク質です。

だから、歯医者さんが歯肉炎(歯周病)を治す時には、歯石を取り、歯磨き指導を徹底的にします。歯周病の巣(歯石)を取り除き、汚れが着かないように歯磨きを行えば、歯ぐきは自然と治癒するというわけです。

徹底的に歯磨きを行うためには、歯間ブラシの使用をおすすめします。歯ブラシだけで歯の間の隙間をきれいに清掃するには限りがあります。そのような時に歯間ブラシを使うと、口臭や出血の予防ができます。詳しくは、『正しい歯間ブラシを使った歯の隙間の磨き方とは?臭いと出血を抑えます』をご参考にしてください。

歯間の膿の対処方法

歯科治療

歯科衛生士による歯石除去

軽度の歯肉炎であれば、歯科での治療は歯石除去と歯のクリーニング程度で済みます。中程度であれば治療期間も長くなるかもしれません。歯槽膿漏のような重度の歯周病になれば、抜歯することもあります。

一度歯周病になったら、その後は定期的に歯科検診を受けて、歯石除去をしてもらうことで歯垢が付きにくくなるので、歯周病の予防になり膿が出なくなります。

丁寧なブラッシングケア

鏡の前で歯磨き

その後、重要なことは毎日の歯磨きによるケアです。歯石を取っても歯磨きが上手にできていなければ、直ぐに歯周病菌は繁殖して再発します。

ですから、歯磨きで口の清潔を維持することは、歯周病予防にはとても重要なことです。
その時に、歯間ブラシやワンタフトブラシを使用すると、効果的に汚れを取り除けるために歯周病の予防効果が高まります。

歯磨き効果を高めるには、どの歯ブラシを使うかも大切なことです。

そして、歯磨き効果を高める大きな要素は、歯磨き粉の選択が重要です。同じように歯磨きをしても歯磨き粉によって効果に差が出ます。

歯周病の予防にお勧めできるのは、アルカリイオン水の歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」です。アルカリの力がよく汚れを落とすので、細菌の繁殖を抑えることができるからです。次の記事をご参考にしてくだされば幸いです。

まとめ

歯間ブラシが膿臭くなるのは、食べかす汚れが取れたからではありません。歯間部の歯ぐきが歯周病になっているからです。

歯周病は進行する病気です。膿臭い場合には、歯槽膿漏(しそうのうろう)になっているかもしれません。膿臭く感じたり出血がある場合には、すぐに歯科で診てもらうことが大事です。

治療が進むと、膿や出血は止まります。でも、歯周病はいつのまにか悪化することは良くなることです。疲れたり固いものを噛んだだけでも、歯ぐきが腫れることがあります。

そうならないように、日頃のブラッシングケアが重要。そして、定期的な検診を受けることも大切です。

歯間ブラシを使ったときに、膿臭いにおいが気になる場合には、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をご使用されることをおすすめします。

口臭予防歯磨き粉「美息美人」

腸カビ診断
お問い合わせ

新着記事

おすすめ記事

腸カビ診断
お問い合わせ